SCRUMブログ


by qnavi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

回答

こんにちは。SCRUM管理者Nです。
南国さん、まめっこさん、なびるんさん、早速の書き込みありがとうございます。
それぞれ回答させていただきます。

=南国さん=
南国さんはグループワークに参加されたのですかね?なかなか発言ができないということですが、ポイントは「準備運動」です。
例えばなにかスポーツをするときはストレッチしますよね。体を良くほぐしてから動かないと100%の動きはできません。また、筋肉が硬いままだとケガの大きな原因にもなりかねません。
何が言いたいのかというと、グループワークにしてもSCRUMにしても本番の面接にしても、ワークが始まる前やゼミが始まる前に隣にいる学生と会話をするなどして打ち解けておくことが重要なんです。グループワークに入って初めて会話をするよりも、先に雑談をして打ち解けていたほうがスムーズに作業ができます。また、あらかじめ自分はこういう人間ですと伝えておくとグループワークで意見交換をした際に誤解を招くこともないでしょう。
実際の面接会場に行ったときは今よりももっとまわりの学生は賢く見えますよ。でも話をしてみると案外そうでもなかったりします。どこに行ってもそうですが、アウェーではなく自分のホームにしてみましょう!

=まめっこさん=
ご参加いただきありがとうございました。
エントリーシートにしても面接にしてもそうですが、「自分」と「読み手」という両面から考えることがとても重要です。みなさんはまだ書くことで精一杯で「読み手」の立場で見る余裕があまりないように感じられました。逆に言いますと、「読み手」の立場で書くことができるようになったらそれはきっと素晴らしいエントリーシートに仕上がっているでしょう。まだ提出の時期までには時間があります。学校のテスト勉強も大変でしょうがエントリーシートも様々なテーマに挑戦してみてください。第3者に見てもらうことをお忘れなく!
グループワークに関してですが、重要なのはテーマに対してみんなで力をあわせて答えまで導くことです。まめっこさんは今回のワークで時間管理の難しさに気づいたようですね。それならば今後GWの際には時間を管理してみてはいかがでしょう。
今後は今回のようなワークをどんどん取り入れていきたいと計画中です。SCRUMで場慣れして面接を受けに行きましょう!

=なびるんさん=
ご参加ありがとうございます。
次回のSCRUMは年明けの1月に開催予定です。
年始はみなさんゆっくりしたいでしょうから中旬から下旬にかけてを考えています。
逆にこの「あたりだと都合が良い」とか「悪い」というのがあればご意見ください。
みなさんが集まりやすい日程での開催が1番良いと思います。
[PR]
by qnavi | 2006-12-25 18:57 | SCRUM担当者
「面接対策もやりたかった」というご意見、多数いただきました。
スミマセン、なにせ時間が短かったものですから。
また、「どのような質問に学生時代困らされたか」という質問がありましたので、メディア総研社員にも聞いてみました。

・色で例えるとあなたは何色?
・私(面接官)の第一印象は?
・弊社が倒産するとしたら理由は何?
・営業にノルマは必要だと思う?
・今聞きたいことを10個挙げよ
・今朝の新聞で気になったことは?
・あなたという人物(商品)を売り込んで!(TVショッピング風に)

などなど。
そこで今日のお題です。

残業が多いかもしれませんが気になりますか?

さぁ、あなたなら何て答える?
理由も教えてくださいな。
[PR]
by qnavi | 2006-12-25 10:46 | SCRUM担当者
みなさんこんにちは。
SCRUM管理者です。

20日、21日と第5回SCRUMを実施してきました。
ご参加いただいた学生さんありがとうございました。

今回の大きなテーマは『実際に動く』ということで、
20日は「履歴書・エントリーシート」について、
21日は「グループワーク」について学んでいただきました。
ここでは参加していただけなかった学生さんのために少し中身を紹介したいと思います。


まずは20日の「履歴書・エントリーシート」について。
履歴書やエントリーシートを作成し企業に提出するうえで大切なことは
読み手の視点で作成するということです。

企業の採用担当者が見るポイントは
 ①何かを真剣にやり遂げた経験はあるか
 ②経験から何を得たか
 ③自分の意見をしっかり持っているか
 ④目的を持って行動できているか
 ⑤自分自身のことを良く理解できているか
 ⑥経験を今後どのように活かせるか
ほんの一部挙げてみましたが、上記のポイントを知りたいという採用担当者が多いようです。

実際に今回はみなさんに記入していただきましたが、まだ事実の羅列にとどまっている方が多いように感じました。読み手の視点で書くというのは思った以上に難しいことなので、作成後には家族や友人、就職課の方などに見てもらうようにしましょう。
もちろんSCRUMスタッフのも相談にのりますので★

また参考までに作成時のポイントも列挙しておきます。
 ・下書き用として数枚コピーをとる
 ・見本を作成しておく
 ・黒い水性インクのペンを使用
 ・書き出す前にまず印鑑を押す
 ・書き損じたら初めから書き直す
 ・空欄を出さない
 ・家族や友人に見てもらう
 ・作成したものはコピーして保存しておく
 ・写真の裏には大学名、名前を記入
[PR]
by qnavi | 2006-12-22 11:45 | SCRUM担当者

企業研究セミナー

昨日開催しました企業研究セミナー、いかがでしたか?
今日も参加される方、参考までに企業さんの感想を少し載せておきますね。

「学生によりかなりの差異(礼儀・態度)があった」
「積極的な学生が多かった」

逆の意見もありました。

「質問があまり出てこない」
「積極性が感じられない学生が多い」

などなど。
やはりただ聞くだけではもったいないですね。
採用試験のその場でネコを被ってもボロが出てしまうもの。
今から経験値を積んでおきたいですね。

今日も12時からアクロスでやっています。
昨日とは企業の顔ぶれも違うので http://www.qnavi.jp からチェックしよう!

また、今日のSCRUMはグループワーク対策!
10:30からやっています。
飛び入りOKなので是非お越しください。
[PR]
by qnavi | 2006-12-21 09:43 | SCRUM担当者

SCRUMブログオープン

SCRUMブログオープンオープンしました。
今後、さまざまな情報を提供していきます。
[PR]
by qnavi | 2006-12-19 11:56 | SCRUM担当者